世界の流通を肌で感じられるような国際的な現場で仕事がしたいと思う人には、貿易関係の仕事はピッタリです。

なかでも様々な分野で活躍することのできる通関士の資格を取得すれば、仕事の現場で大きなアドバンテージとなることも多くなります。

通関士の資格はそれなりに難易度は高いのですが、きちんと計画的に合格に的を絞った勉強をしていけば決して手の届かない資格ではありません。

また国家資格でありながら、学歴や性別、国籍などを一切問わないので誰でも挑戦することができるのも魅力です。

働く分野によって給料や年収は異なる

通関士のスキルがあれば通関業界、流通業界、貿易業界など色々な分野で活躍することができるのですが、これから資格取得を目指す人が気になるのが給料や年収でしょう。

通関士は行政書士や司法書士、弁護士などほかの法律系の資格と異なり、独立開業して事務所を構えて仕事をすることは難しい資格です。

通関業界の企業や輸出入業務のある企業などに就職して会社員となり仕事をするケースが一般的なので、一概に年収は◯◯万円と言えないのが実状です。

企業の規模や給料形態によっても違ってくるので、「一般的なサラリーマンの年収にプラス通関士資格手当」と考えて下さい。

キャリアを積めば給料・収入アップも!

通関士の資格さえ取得すれば、独立開業して高収入!ということはない…と知ってがっかりする人にいるかも知れませんが、通関士の活躍の場は年々拡大しているということがこの資格を取得する大きなポイントなのです。

貿易大国・日本では輸入も輸出も無くなるということはありません。ますます色々な業界で海外との取引が必要とされるようになっている現状を考えると、将来的にも資格を取得していることを活かせる場が多くなります。

また通関士資格を取得することによって、会社内での自分のキャリアアップを計ることもできますし、現場の場数を踏めば踏むほど貴重な人材として給料や年収面でも優遇してもらえる可能性も広がります。

安定して将来的に収入を得るには最適な資格と言えるでしょう。

通関士の資格で年収を上げるなら、効率よく取得できる通信講座がオススメ!