通関士の活躍できるフィールドにはどのような場所があるのでしょうか?

通関業法では「通関士は、税関長より審査・確認を受け通関業者の通関業務に従事するもの」とされています。

つまり通関業者に務めて通関業務を行うことによって通関士と名乗ることができるのです。

代表的な活躍の現場は通関業者

通関士が活躍できるフィールドとして一番代表的なのは、通関業者になります。

例えば、陸、海、港湾、航空などの輸送を行う運送会社などが通関業を兼務して行っているのが一番多いようです。

また輸出貨物を保税蔵置き場の許可を持ち保管している倉庫業や航空会社の貨物部門なども通関業を兼務していることが多いようです。

これらの企業は日本では1000社ほどあるのでその全てが通関士が活躍できる場所ということになります。

貿易や商社、メーカーなどの通関部門なども

通関業を行っている企業が通関士の職場としては一番メジャーなのですが、今ではそれだけに限りません。最近では、規制緩和が進んだことから貿易や流通業、メーカーなどが通関業の許可を取得し通関業務を兼業することも多くなってきたからです。

また貿商社では世界中の国を相手のビジネスを行うので、貿易に関しての知識は必須です。通関業務は通関業者に委託することが多いのですが、商社マンとして活躍するためには通関業務の知識はおおいに役立ちます。

会社によっては国際物流部門を設け、通関業者と連携し貨物の流通を管理しているところもあり通関士の知識を活かすことができます。

さらに日本が得意としている精密部品のメーカー業でも通関に関してのスキルが必要になってきています。商社を通して製品部品を仕入れているとコストが上がってしまうので、商社を通さず自分達で直接海外から仕入れをするようになってきたために通関部門を設けている会社も増えてきたからです。

流通業でも通関士の知識を活かせる

さらにデパートや大型量販店、流通チェーンなどは海外メーカーに生産を委ねたプライベートブランドの製品開発を盛んに行っています。

海外から直接自分達で買い付けを行うことも多くなってきたので、通関業の許可を取得し自社や子会社に通関部門を持つケースも多くなってきました。

通関士の資格を持つ社員はそこで活躍することができ、このような動きはますます活性化すると思われます。

通関士の資格で年収を上げるなら、効率よく取得できる通信講座がオススメ!