貿易業務は輸入する者と、輸出をする者の間で売買・代金の決済・梱包・輸送・保険などに関しての契約をすることから始まります。

次に特別な承認が必要な荷物に関しては、経済産業省や税関長の許可を得てから通関業者に「通関手続き」を依頼します。

通関業者はこの輸入・輸出者に代行して通関手続きの業務を行います。
またそれらの業務に必要な書類に最終的に記名押印をします。

この業務は通関士にしか許可されていない独占業務なので、通関士資格を取得していない人間は行うことはできません。

この独占業務は「通関手続」・「不服申し立て」・「税関に対する主張・陳述」・「通関書類の作成」の4つの内容に分かれています。それぞれの内容をご紹介しましょう。


4分野の通関士の独占業務とは…

【1】通関手続

通関手続きは非常に難しく高度な知識を必要とするので、輸入業者や輸出業者が自ら行うのは大変です。

そこで通関士が輸出入業者の代行で「輸出入の申告」、「関税や消費税の申告」、「貨物チェック」、「積み込みの申告」、「保税地域に貨物を置く申告」などを法律に基づいて手続きを行います。

【2】不服申し立て

通関手続きにおいては、税関長がなにかしらの処分を下すケースがあります。

それを輸入業者や輸出業者が不服と感じた時には、通関士が代行して処分を知った翌日から1ヶ月以内に不服申し立てとして財務大臣に対して審査請求を行います。

【3】税関に関する主張・陳述

通関士は輸入業者、輸出業者の代理として審査請求だけではなく、意思の主張や陳述なども税関官署に対して行うことができるので、貨物検査に立ち会うこともあります。

【4】通関書類の作成

輸入業者、輸出業者の代理として各種通関書類の作成を行います。
「輸出申告書」、「輸入申告書」、「納付書」、「意義申立書」「審査請求書」など、税関官署や財務大臣に提出する書類などがあります。

以上のように、輸出入の通関手続きが無事終了するまでの一連の業務をすべて責任を持って行うのが、通関士の資格を持っている人ができる仕事なのです。

通関士の資格で年収を上げるなら、効率よく取得できる通信講座がオススメ!