世界中の国々を相手にする貿易の現場では、日本国内の社会・経済情勢だけではなく、諸外国の情勢にも知識を持つことが大切です。そして、通関士は貿易に関するさまざまな手続きを行うので、当然のことながら最低限の英語力は必要です。

「英語が苦手」「英語を勉強するのは嫌い」という人には向かない仕事でしょう。ただし、高度な英語力がなければ通関士の試験は合格できないか…というと、そのようなこともありません。
過去問やテキストに登場してくる通関手続きに必要な英単語を暗記すれば大丈夫です。

通関士試験は中〜高校生レベルの英語力でも


基本的には、通関士の試験は中学生〜高校生レベルの英語能力があれば理解できるといわれています。
通関士として仕事をするときに英語を使うのは、主に書類を作成するときなので現場なので経験を積むうちに身につきます。

通関士の仕事で必要なのは、高い英語スキルではなく貿易や貿易に関する法律や税の知識、商品知識なのです。英語が苦手という人でも、通関士試験勉強で学ばなければならないことの1つとして割り切って勉強できるなら大丈夫でしょう。

ただし、通関士の資格を取得した後に勤務したい場所が大手商社や通関業者の場合、やはり英語力があったほうが就職や転職の際に有利になります。特に、日本の場合はTOEICで高いスコアを獲得しておいたほうが、ライバルに差をつけることができるでしょう。

通関士の資格のみならず英語力・貿易検定なども武器に


確かに、通関士試験に合格するためには高い英語力は必要ありません。しかしながら、その後、貿易の世界で活躍したいのであれば英語力を身につけておいても損にはなりません。

勤務先によっても異なりますが、通関士資格のほかにも貿易実務検定、TOEIC、国際航空貨物取扱士(IATA/FIATAディプロマ試験)などを取得しておくと、昇給や昇進の際に有利になるようです。

貿易の自由化に伴い、通関士へのニーズが高まるとともに仕事の質の高さも要求される時代です。いくつか武器になる資格を身につけたほうが、ライバルに差を付けることができるでしょう。

通関士の資格で年収を上げるなら、効率よく取得できる通信講座がオススメ!